市民活動センターブログ

ブログ記事

センター長の市民活動漫遊記~竹林王国の建設

コロナ感染が進む中、週一回の竹林整備活動を楽しむ活動団体を紹介します。
荒れ放題で環境破壊が進んでいる竹林。地主の許可を得て八代の竹林を間引き整備するオフグリットによる市民ゼネコン活動。①竹林の間引き ②伐採した竹を焼いて炭を商品開発 ③竹灯籠祭りの資材調達に・・ ④焼却した灰を消火するための消防装置 ⑤揚水ポンプで圧送する給水装置の建設 ⑥高架水槽と消化設備の建設 ⑦ブドウ園の運営 ⑧管理事務所の補修 ⑧駐車場の整備・・・次の課題は溜池の浄化だという。まさにおやじたちが集まり環境、科学、農業、観光を駆使した竹林再生事業の最先端を楽しんでいる。竹の子狩りの楽しみも・・
まさに脱三密活動に最適かも・・

田沼

2020年04月22日

コロナ対策プロジェクトのスタート

この会合はコロナ拡散防止対策として、臨時閉館中の市民活動センターが市及びNPO代表、市議会議員に参加いただき、開館の見通しや停滞している様々な市民活動の活性化支援について意見交換するとともに、コロナ感染終息後に再開する活動イメージを少数メンバーにて語り合う有識者の集いとして発足しました。
第一回は発足の目的と位置づけ、構成メンバーの確認と活動支援システムの提案でしたが、コロナ感染拡大が進む中、当面は三密に重点を置き、コミュニティー支援活動強化は静観すべしとの意見が支配的でした。

田沼

2020年04月22日

センタースタッフ間のグループライン

コロナ感染拡大で叫ばれるテレワークによる活動。市民活動センター次世代ホープの提案でした。今やスタッフ全員が参加している。シフト者への引継ぎ、センターでの出来事、利用者情報、シフトの変更依頼、センター長の方針展開・・・通信費は無料だし、スタンプを使えば回答はいとも簡単。遊び心でコミュニムーションの推進を楽しんでいます。こんな便利なもの何故今まで・・・・

田沼

2020年04月22日

竹内農場西洋館冊子の無料配布が始りました!

NPO法人龍ケ崎の価値ある建造物を保存する市民の会が制作の竹内農場西洋館竣工100周年記念冊子「竹内明太郎が残したもの~龍ケ崎の赤レンガ西洋館」が、完成し、市民活動センターにて無料配布が始まりました。

この冊子はNPO法人が一年がかりで制作したもので、西洋館の建築様式のほか竹内農場の歴史や竹内農場を運営していた竹内明太郎のことや竹内農場が食糧を供給していた茨城無煙炭鉱などについて詳しく書いてあります。。

なお、冊子は市民活動センターのほか、歴史民俗資料館や市内のコミュニティセンターでも配布を行っています。

ぜひ手に取って見てください。

 

2020年03月28日

りゅうがさき市民活動フェアinサプラ2020 2日目④

流通経済大学生・野球部の皆さん!ありがとう!

本日からスタートする「りゅうがさき市民活動フェアinサプラ2020」。昨日は龍ケ崎の会場での設営。市役所の皆さんからのホットラインで野球部の皆さんがお手伝いしてくれた。写真の通りデカイヤツばかり、我々が2時間かけてやるところ、40分でやり遂げてしまった。市民活動は老若男女・・これからの若者の力をさらに、借りたいと思いました。そうそう5月にはアリーナで試合があるとか・・・応援に行こう・・・・

2020年02月23日

「りゅうがさき市民活動フェアinサプラ2020」1日目③

龍ケ崎舞踏協会フェスタコート 舞島流 はなぶさ会 の皆さんです。

 

最近船橋市との交流会を開催した平成18年設立の「龍ケ崎市シルバーリハビリ体操指導士会」の皆さんです。

社会人落語家で年間100席を目標の忠太さんです。2階多目的室で開催しました。おかげさまで満席

 

 

 

2020年02月22日
» 続きを読む