市民活動センターブログ

ブログ記事

札幌からの訪問客

5年前、パンフルート愛好会 ハーモニクス/宮崎代表 が下町の「おくらホール」で「龍ケ崎まちかどコンサート」を開催した。その折、特別出演で琴アンサンブル「アルメリア」の皆さんが東京から参加されたのが記録に残されている。当時としては100人以上の大盛況で2年目センター長の私は駐車場の案内係を担当させていただいた。名刺をいただいきご丁寧な御礼のお手紙もいただいている。その後全国展開するスクール「琴エスワールド」の後援会会員として、毎年 中野zeroホールでのアルメリアコンサートを鑑賞させていただいている。登録団体の「琴アンサンブル ききょう/椎名代表」や関係者と一緒に現地でお会いするのも楽しみだ。小型サイズで音程のだしやすい、しかも高品位な汎用琴を開発し、ポピュラーな演奏曲を可能にした、まさに市民活動にふさわしい。龍ケ崎での活動も今や6人の生徒さん仲間と発表に備えての練習を楽しんでいる。
市民活動センターに先生として訪問していただいている岩野典子先生のお母さん下村道子先生(琴エイワールド代表取締役理事長) が札幌から龍ケ崎市市民活動センターを訪問してくださった。がんの早期発見や親子の絆の大切さを訴え、他人も羨む親子でユニット「道のり」を全国展開している。(下村) いつも市民活動センターのfacebook見ていますよ・・・・(田沼)典子先生も頑張っていますよ。生徒さんも増えましたよ・・・とても充実した再開だった。

田沼

2018年10月27日

市民活動日本一「市民活動応援市」

コミュュニティ推進課の皆さん! お手伝いありがとうございました。
市民活動団体のフリーマーケット「市民活動応援市」は7回目にして初めて市長のご挨拶をいただいた。コミュニティー推進課の皆さんやOBの方にも参加いただいた。市民活動推進グループの皆さんには流通経済大学からの応援隊とともに福祉団体の代替店長をしていただいた。当日は市役所の関係者もイベント対応の掛け持ちでてんやわんや・・だった。市民のために休日のところ、本当にごくろうさまでした。

田沼

2018年10月21日

市民活動応援市

イベント日和にめぐまれ、日頃から市民活動センターをご利用いただいている多くの皆さんに参加いただきました。ありがとうございました。流通経済大學から4人の学生さんのお手伝をいただき、設営やら、イベントがつづきヘトヘトだった福祉団体出店の代替店長のお手伝いをしていただきました。お忙しい中、市長もご挨拶に駆けつけくださいました。市役所コミュニティー推進課の皆さんも店長を務めてくれました。敷地内の車の駐車はほぼ満席。参加者は推定188人。過去最高となりました。みなさん1日本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

田沼

2018年10月21日

シニアボランティア活動

北竜台公園・ケーズ電機側橋付近の花壇の手入れや清掃、除草活動が毎月第1.2月曜日と第3火曜日に行われている。市民活動センター主催の今年度のシニアボランティア活動には3名の新たな参加者が加わった。橋の両側の草刈り、石畳の清掃等々。今回はメンバーの製作した看板が市の協力により掲げられるという。落ち葉を掃き清める音に心も清められる心地よさ・・・全員が達成感を感じた清掃作業でした。仲間に加わって楽しみませんか? 申し込みは公園の里親・のぼさんクラブ 中村代表 申し込みは現地でもOKです。

田沼

2018年10月20日

佐藤成志先生の健康セミナー 食事会

今月のテーマは田んぼCafé「龍のランプ」での食事会。無農薬で栽培された地元の野菜を中心に米・雑穀と日本の海でとれた海藻でつくった食事を皆さんでいただきました。畑のカキフライはまさに絶品。玄米ごはんは皆さん「おかわり」。自然食品を食べることこそが健康セミナーとなりました。

前田

2018年10月19日

市民活動センター「10月のライブ放送」

健康セミナー受講者 鈴木正人氏の「感謝の気持ちをもって」
転勤生活後、藤が丘にマイホーム。市民農園で家庭菜園を営む中にふとしたキッカケで健康セミナーに出会い、
食生活の改善で健康を維持する佐藤先生に共感し、数々の健康食品を自ら考案。三度の食事に・・
元気一杯の78歳。さらに勉強「人生は泡、くるわなければ損」との信念で日夜健康食品の開発に余念がないとのこと。放送ではこれらをいただきました。さらに人生はすべてに感謝のこころ・・・ストレスこそが健康を損ねる源とか・・

田沼

2018年10月14日

10月円卓会議「市民活動日本一を目指す会」の開催

質疑したテーマは ①龍ケ崎市市民活動センターが期待する市民活動日本一の紹介 ②市民活動応援市の開催 ③今年度の視察・調査活動計画の紹介④市民活動センター利用者懇談会の開催 ④大学生向市民活動体験実習の開設 ⑤竹内農場西洋館見学会&フォーラム ⑥地球環境補助金申請活動 ⑦龍ケ崎地域おこし協力隊参加イベントの紹介 ⑨竹灯籠での風物詩制作活動 ⑩竜ケ崎鉄道「走る美術館」 ⑫古民家半兵衛を活用した「グリーンツーリズム」活性化活動/コミュニティービジネス等々活発な議論が展開されました。今回は元市民生活部長やコミュニティー推進課長、他の新メンバ-が加入したので質疑の内容がぐ~んと深堀りされ、目指すべき円卓会議に近づいてきたように思いました。

田沼

2018年10月13日

「みんなでまちづくりシンポジウム/つくば市」への参加

つくば市市民活動センター指定管理者NPO法人 スマイルステーション/松浦代表が市民活動センターを来訪した。センター長が「目指せ!市民活動日本一」に着手し、その模範としたのが、つくば市市民活動センターの皆さんの活動であり、つくば市民大学や楽々大学から学んだ数々である。そして「楽々大学/スマイルステーション主催」は来年度、50回目を迎える。この記念企画はつくば市教育長の基調講演に続き「みんなでまちづくり シンポジウム」が計画されている。
これに龍ケ崎市市民活動センターがシンポジストとしての参加を要請されたので快諾した。宇都宮、柏、つくばの大都市の中で人口8万弱の龍ケ崎が評価された。仲間に加えていただく名誉に感謝し、シンポジウムを通して、龍ケ崎の持ち味をさらに研究したい。

田沼

2018年10月11日

視察調査の下見

市民活動日本一!身の丈に合った龍ケ崎のあるべき形を求めて、指定管理者東京ドームファシリティ-ズ(株)が運営するあびこ市民活動ステーション高橋マネージャーと守谷市民活動支援センターの高木センター長を訪問し、来年1月30日の視察受け入れをお願いし快諾をいただいた。さて、どのような内容に企画するかが思案のしどころである。

田沼

あびこ市民活動ステーション

守谷市民活動支援センター

2018年09月23日

9月、円卓会議「市民活動日本一を目指す会」の開催

今月の参加者はNPO茨城県南生活者ネット/松原会長、飯高理事、NPO龍ケ崎の価値ある建造物を保存する市民の会/前田代表、NPOバイオライフ/塩川代表、NPO龍ケ崎ファーマーズマーケット/草ケ谷代表、龍ケ崎機関車推進協議会/小山代表、龍ケ崎地域おこし協力隊/松葉瀬氏と市民活動センター長他スタッフでした。質疑したテーマは ①周辺市民活動センター視察・調査活動計画 ②市民活動応援市の開催 ③市民活動センター利用者懇談会の開催 ④大学生向市民活動体験実習の開設 ⑤バイオライフトラスト会員募集 ⑥地球環境補助金申請活動 ⑦竹内農場西洋館第一回フォーラムの開催 ⑧杉野翠兄講演会開催 ⑨竹灯籠での風物詩制作活動 ⑩協働事業採択/ひまわり公園 ⑫竜ケ崎鉄道「走る美術館」計画 ⑬古民家半兵衛を活用した「グリーンツーリズム」活性化活動/コミュニティービジネス等々活発な議論が展開されました。興味のある方は市民活動センターまで

田沼

2018年09月14日
» 続きを読む