市民活動センターブログ

ブログ記事

NPO法人交流会

目指せ!市民活動日本一 龍ケ崎市市市民活動センターです。
NPO団体と市民活動団体による交流会が行われました。NPO団体、市民活動団体に加えて来賓として、市民協働課と市議員議員の皆さんにも参加いただき予定した3時間はあさっという間に過ぎてしまいました。
基調講演をお願いした流通経済大学法学部加藤助教によるKeyWordは①NPOにも政策形成能力が求められている。②市民活動をサポートする行政組織への変革が求められている。(時間をかけて、計画的に組織を変革してゆく必要がある。(この研究を進めてゆく。)でした。今後、加藤先生と市民活動センターは「円卓会議」や「達人会」での「現場研究活動」を通して、協創を創り上げていくこととしました。

田沼

2018年03月18日

音楽ボランティア活動団体「美音♡音もだちバント

りゅうがさき市民活動フェアinサプラで皆さんに多くの感動を与えてくれた、音楽ボランティア活動団体「美音♡音もだちバント/佐藤代表がこのたび「自閉症のミュージシャンたちのコンサートinつくば/つくばカピオホール」で4月1日にコンサート&シェア会として出演するので皆さん見に来てください・・・とのことでセンターを訪問されました。皆さんも応援団に加わってください。

田沼

2018年03月15日

大好きいばらきネットワーカー

龍ケ崎市の推薦を受けセンター長他合計3名が新規の「大好きいばらきネットワーカー/県民運動地域推進員」として今後2年間、大井川会長/知事より委嘱を受け、市民協働課の皆さんと委嘱式に参加しました。ご存知のとおり茨城県は知事の交代により行政方針やら組織の見直しが進行中・・・活動方針も大幅な見直しが検討されており、7月に具体化されるとのこと。
私は龍ケ崎の掲げる「自慢したくなるふるさと龍ケ崎」の更なる充実に向けて活動を仲間とともにスタートすることとしました。

田沼

2018年03月15日

NPO交流会、基調講演の流経大加藤助教が訪問

いよいよ市民活動団体「NPO交流会」が3/18開催されます。基調講演をお願いした流通経済大法学部博士(政策科学)加藤助教が市民活動センターを訪問されました。様々な課題が共有されました。これからの「市民活動日本一」を目指す龍ケ崎に求められるものはオール龍ケ崎に加えて理論と実践。今回のNPO交流会の開催で、議員、市職員、学者、NPO代表が交流します。テーマは「市民協働」センター長は明日、つくば市民活動団体が企画する「私達と一緒に街づくり活動」に参加します。

田沼

2018年03月09日

龍ケ崎まちづくり研究会の皆様が来訪

龍ケ崎まちづくり研究会(の皆さんがセンターを来訪しました。筑波大学・流通経済大学・龍ケ埼一高卒業生の3人です。毎週テーマを選定し活動しており、先日開催した市民活動フェアにも来場いただき、多彩な龍ケ崎市民活動の多さに感銘したとか・・・受け応えもしっかりしていて龍ケ崎の将来を期待できる若者に巡り合えた想いでした。卒業したら、龍ケ崎市役所に就職して欲しい。

田沼

2018年03月05日

りゅうがさき市民活動フェアinサプラ、近隣との交流活動

ふとした機会で「つくば市民活動センターとの交流活動」が始まり、おかげさまで昨年は「常磐線沿線交流会を龍ケ崎で開催することができた。言わば「つくばと龍ケ崎」は姉妹のようなものである。今回初めて「つくば」よりパネル参加を受け入れた。「パクッッテいいですか?」
との提案を受けた。どうぞ!どうぞ! こちらからもパクリにいきますから・・・

田沼

2018年02月21日

りゅうがさき市民活動フェアinサプラ パネル展示

りゅうがさき市民活動フェアinサプラ
今年も36団体の体験活動ブース、パネル展示が出展された。市民活動の創作品販売コーナーも今年度から開始した。署名活動もあった。竹内農場のドローン動画も出現した。子供科学コーナーでは無線ラジオの制作と持ち帰りもやっていた。年々展示の幅が膨らんできた。

田沼

2018年02月20日

りゅうがさき市民活動フェアinサプラ 二日目

式守秀五郎親方とめぐみ女将による「相撲トークショー」
今回で2回目。龍ケ崎に部屋を構え、4年になるという。あと2年で念願の関取を育て上げたいとのこと・・・・正月はサプラで、先週は「馴芝まつり」にも参加し龍ケ崎市民との交流活動に取り組んでいる。8月には大相撲「龍ケ崎場所開催/たつのこ」を控え、この龍ケ崎にも、いよいよ相撲ブームが沸いてきた。おかみさんの相撲甚句が披露された。腹からの気合いに、圧倒された。凄い和服だ。大柄な親方もおかみの前では影がやや薄い。ただし土俵に上がれば近づきがたい集中力。稽古の見学は無料。後援会へ問い合わせ、事前予約が必要とのことでした。

田沼

2018年02月18日

りゅうがさき市民活動フェアinサプラ 一日目

市長とのツーショット
龍ケ崎市が全国に誇る「目指せ!市民活動日本一」。これを裏付ける根拠を紹介したい。まず行政の長が「市民活動日本一」を高らかに宣言し、市民活動の現場の実際を理解する努力を惜しまないのである。昼食は後にして現場に参加いただいた。もちろん他の行事との掛持ちである。事務局側の連絡不足もあり、ツーショットは例年より少なかったが「周辺市から羨ましがられる、全国に自慢できる日本一」である。

田沼

2018年02月17日
» 続きを読む