市民活動センターブログ

ブログ記事

つくば市民大学に参加

つくば市民大学
高齢化が進み、後継者の育成が掲げられて何年経つだろうか? 私は具体策に取り組んでいるだろうか? と思っていた矢先に「市民活動のブレゼン術/理解と共感を育む!「伝わる」言葉の紡ぎかた」/徳田太郎講師と題する講座が目に留まり受講した。参加者は45名。2時間かけて来た受講者もいた。4人一組の体験学習で私のグループには①吉林省で生まれ社会指導に取り組む82歳の女性 ②笠間でデザイナーとして活躍し観光大使を目指す女性 ③震災で家族が離散。石岡に避難し、ふるさとに帰省したらと共に居場所を作り出す願いを実現したい既婚の女性の4人で取り組んだ。なにを(what)、なぜ(Why)、誰に(whom)にどう伝えたいのか?(How) 3年後のthree chairsを念頭に・・。自分たちの未来を他人にまかせず、ともに創っていく。学習は5時間に及び、終了後はミニパーティー 基本技術のさわりを体得できた。これから大学は一旦休講し3年後に再興するという。このときに4人が再会できたらどんなにすばらしいことだろう。楽しみである・・・

田沼

2017年12月26日

バードウオッチング入門講座2回目

バードウオッチング入門講座2回目(探鳥会)
北竜台公園~大羽八津~蛇沼続く遊歩道にてバード ウォッチングを楽しみました。まず、菖蒲池にて、青い宝石と言われる、カワセミに出会い、参加された皆さんは、一様に感激。その他ノスリ ハイタカ シジュウカラ メジロ ホオジロ トンビ コゲラ カモ等々23種類の鳥にも巡り合うことができました。龍ケ崎バードウオッチング倶楽部/岸会長からの丁寧且つ解りやすい説明で「野鳥の世界」がぐ~ん と近づいてきました。次回の開催をお楽しみに !

田沼

2017年12月18日

第14回 発明・工夫展 表彰式

第14回 発明・工夫展 表彰式が、市民活動センターにて開催されました。

審査委員長を拝命した下命の龍ケ崎市長賞/竹パウダーの寸評を紹介します。

龍ケ崎の地域資源である竹。近年では、伸び放題になって環境保全の面での課題となっているようです。そこで、NPO法人バイオライフ/塩川代表による「バイマス発電の燃料」としての活用が検討されています。伐採した竹材を粉末に砕く環境リサイクル機器「竹パウダーマシン」を発明しました。

市販のマシンは100万円台、これを草刈機の刃を複数組み合わせで燃料エンジンとモーターで回転させた、超格安マシン 原価数万円を目指し、市民への普及が期待される優れものです。他に小中生の部から3点の入賞がありました。これからの課題はこれらの産業化にあると思います。

田沼

2017年12月11日

市民協働提案制度テーマ検討WG

市民協働提案制度テーマ検討WG
行政提案型市民協働事業のテーマ発掘を狙いとして、市役所職員による検討委員会がスタートしました。今回は第二回目。各課より選抜された職員と市民協働推進委員に加えて、急遽、傍聴者もワーキングに参加する形となり、流動的形態でスタートした。さて成果がでるか?

田沼

2017年12月07日

環境生活委員会 第4回 定例会 

龍ケ崎市に移り住んで37年目にして議会の傍聴の機会にめぐりあった。センター長を拝命した「ご縁」だと思う。一般質問傍聴は既に経験したので、今回は生活環境委員会を傍聴した。 これで、議会がどんなシステムで運営されているのかがぼんやりと理解できた。委員長のテキパキとした議事運営は市民活動の会合においても見習うべきものがあり、会議資料もきちんと準備されていた。各委員も立場・持ち場で活発に行政に対して、意見を発信していることが理解できた。私の注目した龍ケ崎市農産物直売所の設置及び管理に関する条例は幾つかの議論を経た後、賛成多数で可決した。当たり前だが、民主主義が運営されている。市民も議員に具体的に陳情する必要があると痛感した。

田沼 

2017年12月06日

インターネット放送 Farmers Market

インターネット放送の紹介 今回の番組はFarmers Market  ~お酒楽なアウトドアcafé~ を起業する会の活動を番組制作しました。登場人物は平台にお住まいの草ケ谷さん。オーストラリアでの感動を龍ケ崎に持ち込み、強い意思でなんとか実現・・・(農)産物の地産地消と人々の交流、若者の起業立ち上げを通して地域活性化を図ることを目的に活動を立ち上げました。コンセプトは ①食品は極力安全・安心な素材で作った物 ②出展者はなるべく龍ケ崎 ③出展数常時50店舗以上 (登録店舗100以上) 番組は龍ケ崎市民活動センターホームページからリリースされます。乞うご期待! (近日アップされます。)

田沼

2017年12月03日

バードウオッチング入門講座第1回

なにげなく見過ごしている野鳥。龍ケ崎では188種類も観測されているとのことです。散歩中に鳴き声やしぐさで鳥の名前が解ったら何と楽しいことでしょう・・・
バードウオッチング入門講座第1回 座学教室が開催されました。講師は龍ケ崎バードウオッチング倶楽部岸会長。①散歩しながら、いつでも身近なところで楽しもう 春夏秋冬 ②市内10年間の観察記録 ③鳥観察は自然環境観察 ④観察記録を残そう ⑤図鑑による観察 ⑥画像による行動解説  ⑦観察用具  でした。探鳥会に行くと会員の皆さんがやさしく教えてくれます。 次回は12月17日(日)9時~ 場所は北竜台公園。パンフを参照ください。申し込み不要です。 

問い合わせは 66-8238 岸会長

田沼

2017年12月03日

赤ちょうちんの下で・・・おしゃべりサロン/達人会

赤ちょうちんの下で・・・
類は友を呼ぶ。夢を共有する.類を求めて、今回も二人の新しい友が加わった。先日開催された常磐線沿線市民活動センター交流会に続く場外活動で 近隣センターの皆さんから最も評価を得たものが指定管理者の事務所で毎月開催する「おしゃべりサロン/達人会」である。事務所に赤ちょうちんが吊り下がっている。酒飲みは赤ちょうちんを見ると、酒を飲みたくなるし、元気がでる。今夜も他愛もないおしゃべりの中から、「市民活動日本一」に向かうヒントが又一つ芽生えた。 ピース!

田沼

2017年12月01日

「バードウオッチングの楽しみ/野鳥観察」出版

人生はプラス1
この言葉を久しぶりに思いだした。「中国・大連・日本語学校」の非常勤講師として短期滞在した時に巡り合った言葉である。このプラス1に最近遭遇した。市民活動センターで私が就任以来、何かとお世話になっている海老原龍夫さんの活動である。幼少から野鳥に取りつかれ、一筋に野鳥を追いかけて既に後期高齢者。今にして「バードウオッチングの楽しみ/野鳥観察」を出版した。登場人物は日本野鳥の会の柳生博会長他約70名。市民活動センターでも日本鳥類保護連盟からバードピア認定を得たとのテーマで投稿参加させていただいた。出版パーティーに招待された方々の感動も披露された。本人のプラス1を参加者の皆さんと共に感動したのである。80歳まで富士山登頂を続けるほか数々の偉業に取り組む海老原龍夫さんはこれから又、何に取組むのだろうとの招待者からの祝福の挨拶もあった。達成感と挑戦意欲でピカピカに輝いている。スバラシイ人生を謳歌しているな~と羨ましくも思った。

田沼

2017年11月30日

西コミュニティ協議会共催「歩く歴史講座」

市民活動センター主催、西コミュニティ協議会共催「歩く歴史講座」を開催しました。
あいにくの空模様でしたが、参加された28名の皆様には西地区の史跡巡りを楽しんでいただくことが出来たと思います。
9時15分に市役所を出発し、高田権現、頼政神社、しぶくり卵塔、三笠宮頼龍碑、本願寺不動堂、並木道祖神、米薬師堂、そして市役所に11時15分に到着。
西コミュニティ協議会(西の風)瀧口治義さんの案内で、普段あまり足を踏み入れない路地道を中心に歩きました。
参加された皆様お疲れ様でした。

前田

2017年11月18日
» 続きを読む